環境への取り組み

ZEHとは

ZEH(ゼッチ)とは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略称です。 断熱性、気密性を上げるなどして省エネを徹底し、太陽光発電によってエネルギーを作り出す(創エネ)ことで、年間の消費エネルギーが実質0になる住まいです。
※実質0とは1年を通して光熱費がゼロとなること(夏、冬期には光熱費が掛かります)。
エネルギーや地球温暖化が深刻化する中で、日本の住宅の断熱基準が見直され、省エネ住宅、ゼロエネルギー住宅の普及を目指し、高断熱化が進められています。
日本政府は、このZEHを2020年までに標準的な住宅にし、2030年までに新築住宅の平均でZEHを実現するという目標を掲げています

「自然エネルギー」を上手に取り入れた、健康的な暮らしを

自然エネルギーを活用した設計手法をパッシブデザインといいます。
「自然エネルギー」それは、太陽の光、熱、そして風のこと。
自然光を取り込む、風の通り道をつくる等、自然エネルギーを上手に利用することで、地球にやさしく、そして健康的な暮らしができます。
さらに太陽光発電で創エネすることで、ゼロ・エネルギーを実現。

太陽は光だけではなく冬場の暖房エネルギーになります(光と熱)。
夏場には熱を取り込むと暖房をかけているようになってしまいます。冬暖かく、夏涼しい家を創るために、夏場の日射遮蔽と冬場の日射取得をしっかりと対策しています。

光熱費の節約はもちろん、家族が心地よく暮らしていく家をご提案いたします。

2020年度までのZEH普及目標